意美音


音楽用語を調べるならココ「意美音」!

楽器・作曲家・アーティスト・楽曲・楽譜・教育など、

役立つ専門・一般知識満載。


携帯にアドレスを送る


キーワードを入力

あ行か行さ行た行な行
は行ま行や行ら行わ行
閲覧度:閲覧回数:非常に多い

『和音・和声』から

終止形 【しゅうしけい】 cadence、Kadenz 〔英〕〔独〕

 曲の終わりやフレーズの大きな段落などで、和音の流れによって一つの終わりを形作ること。特に終止点(強拍上)でトニック(主和音)に達することで調性が確立し、安定した終止感が得られる(完全終止、変終止)。終止には以下のものがある。(3)(4)は曲の終わりには使われない。→カデンツ

(1)完全終止(perfect cadence〔英〕)
 全終止、正格終止ともいう。
 ドミナントからトニックへの進行(X(7)→T)で、両和音ともバスが根音、Tのソプラノ主音であることが条件。
 またドミナントの前にサブドミナントの和音をもってくると、より終止感が強まる。


(2)変終止(plagal cadence〔英〕)
 変格終止、プラガル終止、アーメン終止ともいう。
 サブドミナントからトニックへの進行(W→T)で、完全終止の後に付けられることも多い。


(3)偽終止(deceptive cadence〔英〕)
 X、X7がTへ行くと見せかけて、期待に反してYに進行すること。
 X(7)⇒Tというパターン化された進行に意外性を与えたり、終止を延長するときなどに使う。


(4)半終止(half cadence〔英〕)
 曲の途中で段落点を作るとき、X(第7音を含まない)で一区切りすること。


 該当件数= 1件